ズボラさんのための洗濯・クリーニングマメ知識ブログ

タクリア

比較・レビュー

乾燥機能付き洗濯機ドラム型と縦型どちらを選ぶ?メリット・デメリットを比較してみた

投稿日:

家族が増えたり、夫婦共働きになったりと生活が多忙になると、洗濯に費やす時間や手間が面倒に感じられます。

特に育児と家事を両立させないといけないママたちにとって、家にいる間はまさに時間との闘い。

そこで役に立つのが、乾燥まで一気に行える『洗濯乾燥機』です。

 

ただ、洗濯機にはドラム式縦型があって、乾燥機能付きの洗濯機をいざ買う時、どちらを選べばいいか迷うことはありませんか?

一般的に乾燥機付きといえばドラム式のようなイメージがありますが、実は、どちらの洗濯機にも一長一短があります。

そこで今回は、乾燥までできる洗濯機を選ぶ際に気をつけたいポイントについて、まとめてみました。

ドラム式洗濯乾燥機のメリット・デメリット

ドラム式のメリット

ドラム式洗濯乾燥機の最大のメリットは、繊維の奥までしっかり乾燥できること。

高温の風を当てながら一気に乾燥させるので、特にタオルなどはびっくりするくらい、ふわっふわに仕上がります。

 

また、スタートボタンを押すだけで洗濯から乾燥まで一気に済ませることができるので、余計な手間がかからず、時間を有効に使うことができるのも嬉しいポイント。

入浴後に使った衣類やタオルを入れてスタートさせておけば、朝までにしっかり乾燥まで終わっています。

  • 一枚しかない子どもの園児服
  • お気に入りの衣類

なども、汚れたら気軽に洗って次の日にまた使えるので便利です。

それに、ドラム式は衣類をたたきつけるようにして洗うので、汚れ落ちがいいのも嬉しいですね。

ということで、ドラム式のメリットを並べてみると、

  • 繊維の芯まで乾燥できる
    タオルなどがふわふわになるのに加えて、シーツなど寝具のダニ予防にも。
  • 汚れ落ちがいい
    物理的に衣類をたたきつけるようにして洗うので、汚れ落ちがいいです。
  • 節水効果
    洗濯槽いっぱいに水をためて洗う縦型に比べ、ドラム型のほうが少量の水で洗えます。
  • 洗濯機の上を物置にできる
    前面にふたのあるドラム式洗濯機は、上部のスペースを洗濯物の一時置き場などに有効活用できることも…。

ドラム式のデメリット

そんなメリットだらけのように見えるドラム型洗濯機にも、実は隠れたデメリットが…。

  • 途中で洗濯物を追加できない
    ドラム型は給水を始めるとふたを開けることができません。
    そのため、「靴下が片っぽ残ってた~!!」なんてときにも、あきらめざるを得ません。
  • 置き場所の確保が大変
    ドラム式は縦型に比べてサイズが大きめ。
    古いアパートなどの防水パンのなかには、ドラム式の大きさに対応しておらず、いざ購入して設置してみたら防水パンに入りきらなかった…なんてこともあります。
    購入前にはサイズ確認が必須です。
  • 使える洗剤が限られる
    ドラム式のなかには、泡立ちのいい一部の洗剤が使えない場合があります。
    洗剤購入時には、『ドラム式にも使えます』などと記載されているものを選ぶなど、ちょっと注意する必要が。
    何も記載がなくても、安い洗剤の中には、ドラム式だと溶け残ったり、排水時にエラーがでるものもあります。
  • 高価である
    縦型洗濯機に比べて、ドラム式は本体価格が高いです。

 

今、手元にある家電量販店のチラシを調べてみると、

  • 縦型
    洗濯のみ(8kg)69,800円
    洗濯+簡易乾燥(10kg)79,800円
  • ドラム型
    洗濯乾燥機(11kg)218,000円

と、桁が違うものも。

ある程度の量を一度に乾燥させようとすると、その分価格も上がってしまうのが現実です…。

縦型洗濯機のメリット・デメリット

縦型洗濯機のメリット

上記のドラム式のデメリットをそのまま裏返したのが、縦型洗濯機のメリット。

つまり、

  • 洗濯物の追加ができる
  • 置き場所がコンパクト
  • どんな洗剤でも使える
  • 本体が安価

などがメリットとして挙げられます。

また、弱水流でやさしく洗えるので、ドラム式に比べて衣類が傷みにくいです。

加えて、乾燥機能付きのものなら、熱ではなく風で乾燥させるため、衣類にしわがつきにくいメリットがあります。

縦型洗濯機のデメリット

縦型洗濯機は、ドラム式のようにたたきつけて洗うわけではなく、水流で衣類同士をこすり合わせたり、揺らしたりして洗います。

そのため、男子独特の泥まみれ、汗まみれな洗濯物では、汚れを落としきれない場合があります。

 

また、乾燥機能付きのものでも、完全に乾かすことができないので、時間と電力をかけて乾燥機にかけても、やっぱり最終的には自分でハンガーに干す必要があります。

まとめ

乾燥機能付き洗濯機のメリット・デメリットを図にまとめると、以下のようになります。

縦型
(洗濯のみ)
縦型
(洗濯・乾燥)
ドラム式
(洗濯・乾燥)
洗濯 汚れ落ち
水の量
利便性
衣類へのやさしさ
乾燥 時間
利便性
乾きやすさ
衣類へのやさしさ
本体 大きさ
価格

何を重視するかはあなた次第。

洗濯機購入時には、そのときだけでなく、数年後のライフスタイルまでよく考え、しっかりと比較検討して選びましょう。







-比較・レビュー

Copyright© タクリア , 2019 All Rights Reserved.