ズボラさんのための洗濯・クリーニングマメ知識ブログ

タクリア

洗濯テクニック

脇の黄ばみを落としてシャツ長持ち!おすすめの洗濯法や洗剤の選び方は?

投稿日:

汗をかきやすい季節になると気になるのが、衣類の脇部分についた汗じみ。

特に汗の量が多い方の場合、汗じみがいつの間にか黄ばみになってしまってショックを受けた…なんてこともあるかもしれません。

 

「脇が黄ばんでしまったら、もう捨てるしかないの?」

いえいえ、そんなことはありません!

 

きちんと洗濯すれば、またきれいな状態に戻すことができますよ。

お気に入りのシャツを復活させる洗濯法、さっそくご紹介していきますね。

脇の黄ばみの原因は汗だけじゃない!

シャツの脇部分は汗がつきやすい部分なので、黄ばみも汗が原因では?と思う方もいるかもしれません。

ですが残念!黄ばみの原因はそれだけではありません。

皮脂やたんぱく質、そこに繁殖した雑菌、洗い残した洗剤、衣類に付着した制汗剤なども、黄ばみの原因になります。

「汗をかきやすいから」と言って、制汗剤使いまくっているそこのアナタ!

その制汗剤も、黄ばみの一因になってますよ。

ご注意あれ!

着用前のひと手間が黄ばみを防ぐ!

お気に入りのシャツを長持ちさせるためには、着用前のちょっとひと手間も欠かせません。

黄ばみは、

  • 汗をかいたまま放置する
  • 服を着たまま制汗剤をつける

こんな「ズボラ~~」な行動が積み重なった結果。

 

ですからこれをやめるだけで、劇的に衣類が長持ちするようになりますよ。

具体的には・・・

汗をかいたらこまめに拭き取る

使うのは100均の安い汗拭きシートやウェットシート、子どものおしりふきでもかまいません。

汗をかいたら、なるべく早く拭き取りましょう。

オフィスでは小さめのジッパー付き袋に数枚入れておくと、トイレや更衣室にも持ち込みやすいです。

汗をかいた後早めに拭き取ることで、黄ばみだけでなく、ニオイ対策にもなりますよ。

汗取りパッドを使う

脇部分はどうしても汗をかきやすいので、事前に汗取りパッドをつけて汗の付着を阻止しましょう。

シャツに直接貼り付けて使うシート状の汗取りパッドが使いやすくておすすめです。

また女性であれば、ブラジャーにつけるタイプの汗取りパッドもありますよ。

制汗剤を上手に使う

制汗剤のスプレー成分が衣類につくと黄ばみの原因になるので、使う時は衣類を着る前に。

また、よく乾かしてから服を着るようにしましょう。

これら3つをきちんと実行するだけで、脇がカリカリになるほど黄ばんでいた旦那のシャツがほとんど黄ばまなくなりました!

黄ばんでしまったシャツの上手な洗い方は?

黄ばみの原因のひとつである皮脂やたんぱく質はアルカリに弱いという性質があります。

これを上手に利用すれば、頑固な黄ばみもきれいに落とすことができますよ。

1:中性洗剤で汚れを浮かせる

黄ばみを通り越して黒ずんでしまった場合は、こちらの工程からスタートしてくださいね。

黒ずみは皮脂汚れにホコリなどがコーティングされてコチコチになったものですので、まずはこの汚れを落としていきましょう。

 

アルカリ性の洗剤は汚れ落ちはいいのですが、衣類が傷みやすいという欠点があります。

そこで、皮脂よりアルカリ度の高い中性洗剤を使って、ガンコな黒ずみ汚れを落としましょう。

液体の中性洗剤、または台所用の洗剤でもかまいません。

 

少量ずつ手でもみこんだり、古い歯ブラシでこすりつけるようにして洗っていきます。

ちなみに、お風呂の固形石けんはアルカリ性。

汚れ落ち効果は高いのですが、衣類が傷むことがあるので、デリケート洗いの必要があるものにはおすすめできませんが、綿100%のシャツなどには使えます。

2:40~50℃くらいのお湯ですすぐ

皮脂は油ですので、お湯のほうがよく落ちます。

ただあまり高い温度だとたんぱく汚れが変性して取れにくくなってしまううえ、手をやけどしてしまいますので、「あったかい~」と感じるくらいのお湯が最適です。

沸騰したお湯と水を1対1で混ぜれば約50℃になりますが、面倒なので私はお風呂でやっちゃいます(笑)

3:洗剤+漂白剤で洗う

軽い黄ばみ程度でしたらここからスタートでも大丈夫です。

規定量の洗濯用洗剤と漂白剤を用いて洗濯していきましょう。

 

ここでポイントになるのが

  • 『洗剤の種類』
  • 『漂白剤の種類』
  • 『洗濯のしかた』

順に説明していきますね。

洗濯用洗剤

中性の液体洗剤がベスト。

頑固な汚れにはアルカリ性粉末洗剤を。

 

洗剤には、汚れ落ちの強さ別にみると

  1. 弱酸性~中性
    (おしゃれ着洗い用)
  2. 中性
    (普通の液体洗剤)
  3. 中性~弱アルカリ性
    (粉末洗剤、洗濯用せっけん)

の3段階に分けることができます。

「pH」が低いと衣類には優しいが汚れ落ちはマイルドに。

「pH」高いと洗浄力は高いですが衣類を傷める恐れがあります。

 

脇の黄ばみを落とすなら「中性か中性~弱アルカリ性」をチョイス。

ただ、「中性~弱アルカリ性」を選ぶときは一緒に洗うものに注意してくださいね。

これがオススメ!

おすすめの洗濯洗剤はライオンの『トップ スーパーNANOX』。

汚れを落とす力がとにかく強く、しかもすすぎ1回で済む優れもの。

ニノのファンでなくても一度は試してほしい洗剤です。

漂白剤

酸素系液体漂白剤をチョイス!

漂白剤には塩素系と酸素系の2種類があります。

 

塩素系とはパッケージに『混ぜるな危険』と書いてあるもの。

主成分は次亜塩素酸ナトリウムで、高い殺菌力・漂白力をもちます。

ただ、漂白力が強すぎ、色物の衣類がことごとく脱色されてしまうため、衣類の漂白には向きません。

 

酸素系は過酸化水素を主成分とし、シミや黄ばみは落としますが、衣類の染色には影響しないので色物衣類にも安心して使えます。

酸素系には液体と粉末タイプがあり、アルカリ度の高い粉末のほうが漂白力は高いのですが、衣類を傷めることがあるので、日常使いするなら液体がおすすめです。

 

これがオススメ!

我が家でよく使うのは花王の『ワイドハイターEXパワー』。

ニオイの元になる皮脂汚れや菌をしっかり落としてくれるうえ、色柄物にも安心して使えます。

洗濯のしかた

頑固な汚れを落としたいからといって、規定量以上の洗剤を入れてしまうと、洗剤が溶け残ってしまい新たなしみの原因に。

洗剤の量や洗濯機に入れる洗濯物の量は必ず規定を守りましょう。

 

汚れが強いときは、事前洗いのあと、洗濯機を回す前に洗剤+漂白剤にしばらくつけ置きを。

洗濯槽内にお風呂の残り湯を少しため、洗剤と漂白剤をいれて30分くらい置いてから、残りの衣類と水、それから洗剤を入れて洗濯機スタート!とやれば楽ちんですよ。

干し方にもひと工夫!部屋干しなら『風』を活用

日光に当てたほうが黄ばみは落としやすいのですが、外干しできないときは『風』を活用して素早く乾かしましょう。

エアコンの『ドライ』+扇風機を使い短時間で乾かすと、雑菌の繁殖を抑え、新たな黄ばみや黒ずみの発生を抑えることができますよ。

まとめ

  • 脇の黄ばみには
    『中性~弱アルカリ性洗剤』+『酸素系液体漂白剤』を活用。
  • ガンコな汚れには3ステップ洗い

 

3ステップ洗いの工程は

  1. 中性洗剤か台所用洗剤で事前洗い
  2. お湯ですすぐ
  3. 中性~弱アルカリ性の洗剤+酸素系液体漂白剤で洗う

『衣類が黄ばまないよう、着用前~着用中のひと手間も』

 

お気に入りのシャツも、この工程できれいな状態を維持できます。

黄ばんだシャツは見た目にも不衛生。

モテ度も急降下してしまいますので、ちょっと面倒でもしっかりケアしてあげてくださいね!







-洗濯テクニック

Copyright© タクリア , 2020 All Rights Reserved.