ズボラさんのための洗濯・クリーニングマメ知識ブログ

タクリア

体験談

節約があだになった!私のお気に入りのトップスが台無しに

投稿日:

現在39歳の専業主婦です。

以前、自分のお気に入りのトップスを色移りによって台無しにしてしまったことがあります。

 

かつては節約のために洗濯は毎日1回で済ませていたのですが、淡色のものと濃色のものを一緒に洗濯していたために淡色のお気に入りのトップスに色が移ってしまったのです。

 

その日はまだ購入して間もない子どものジーンズを一緒に洗濯していたので、そのトップスに黒の色が広範囲に渡って付いてしまったのです。

以前から一応色移りの対策はしていて、衣類に関しては全てネットに入れて洗濯するようにしていました。

その日ももちろん全ての衣類を洗濯していた上に、ジーンズなど色落ちが激しいと予想されるものは最初の数回は単独で洗濯して色移りをするのを避けるようにしていました。

しかし、今回原因となったジーンズの色落ちがあまりにもひどかったようで、それも効果なく私のトップスに色移りしてしまいました。

 

淡色といっても薄いピンク色だったのでその色移りを取るために漂白剤を使うわけにはいかなかったので、しみを取るための石鹸や液体洗剤などを使用してみました。

また、よく利用しているクリーニング店に相談して、色移りが取れるかどうかを試してもらいました。

 

しかし色移りの部分は、やはり全く落ちる気配がありませんでした。

そのようなことから私にとっては大変お気に入りのトップスでしたが、これ以上何をしても元に戻ることはないと思ってやむなく処分することにしました。

節約よりも大切なこと?やっぱり色物は分けて洗濯するのがベスト!

それ以降色移りを避けるためにも、淡色や濃色のものを完璧に分けて洗うようにしました。

分けて洗濯をするようになって以降は、色移りで洗濯物を台無しにしてしまったことは全くありません。

しかし、予想していた通り水道代が1か月1000円ほど高くなり、洗剤の消耗も倍のスピードで早くなってしまいました。

 

毎月の費用は1500円余分にかかっていますが、洗濯にかかる費用を節約したことで最低でも1枚1000円以上はするトップスを頻繁に台無しにしてしまう方が問題があると思うと、このような節約をやめても仕方ないことだと思いました。

 

また子どもが成長するに従って幼稚園や学校の指定の制服や体操服を洗う機会も多くなってきたのですが、それらに色移りして着用できなくなるとすぐには新たなものが手に入らないこともあります。

そのため、現在はどんなに洗濯物の量が少なかったとしても時間が余分にかかったとしても、きちんと分けて洗っています。







-体験談

Copyright© タクリア , 2020 All Rights Reserved.