ズボラさんのための洗濯・クリーニングマメ知識ブログ

タクリア

体験談

手入れ不足のせいでお気に入りのセーターに穴が!?

投稿日:

これからお恥ずかしい話をします。

人様にはあまり語りたくない、思い出したくもない話です。

純毛の高級なセーターをオシャレに着て、友人と出かけしました。

高価なセーターを着ている自分に、最高の気分でした。

 

高級なレストランでランチをするために、友人と店に入りました。

そしてコートを脱ぎ、ついに自慢のセーターを友人にお披露目する時がやってきました。

コートを脱いだ途端、友人がセーターを見たのです。

しかしそこで衝撃的な一言が・・・

「そこに穴があいているわよ。」と耳元でつぶやいたのです。

見ると確かに小さな穴が。

恥ずかしくてそれこそ穴に入りたかったです。

 

友人に携帯用の裁縫セットを借りて、化粧室の個室で裏から穴を防ぎました。

その日はランチもおいしくなかったです。

食事よりもセーターの穴が気になっていましたから。

もう二度とこんな思いはしたくない!徹底した衣服の防虫対策

帰宅後すぐに、クローゼットの点検をしました。

「小さな穴も見逃さない!」という心構えでおこないました。

良い素材のものに限って虫が衣服に穴を開けていました。

 

クローゼットに防虫剤をかけているにも関わらず、衣服に虫がつくこともあるということを知りました。

そこで、完璧に虫から守る方法を自分なりに考えてみました。

まず、ホームセンターに行き、衣服用の圧縮袋と防虫剤を買いました。

臭いのある防虫剤は好きではないので、パッケージを確認し、無臭のものを選びました。

帰宅後、虫の付きそうな衣服を、防虫剤と一緒に圧縮袋に入れて密封しました。

穴が開いた服を着て出かけて着てしまったあの恥ずかしさを二度と味わいたくないですから。

 

それともう一つ気づいたことは、クローゼットのお掃除が行き届いていなかったということです。

クローゼットの隅に、大量のわたぼこりを見つけました。

ほこりの中に虫がわきやすいかも!?

そこで、クローゼットの掃除もしっかりとしました。

 

人は一度恥ずかしい思いをすると、学習できるようです。

自分でもびっくりするぐらいきちんとクローゼットの掃除もするようになりました。

その上、いい加減に掃除していた部屋の掃除もするようになりました。

季節の変わり目の衣替えの時も、きちんと衣服の収納をするようになりました。

二度と虫の穴あきの服を着て外出したくないので。

「手入れ不足による衣服の虫の穴」というけがの功名から、自分にとって大きな学習をすることができました。







-体験談

Copyright© タクリア , 2020 All Rights Reserved.