ズボラさんのための洗濯・クリーニングマメ知識ブログ

タクリア

体験談

夫のスマホを洗濯してしまい血の気が引いた体験談

投稿日:

50代の主婦です。

先日、夫のスマホを洗濯してしまいました。

 

夫は、スマホや眼鏡をぽんとその辺に置きっぱなしにしては「見つからない~」と探し回っていることが良くあります。

スマホについては、私の方から鳴らして居場所をつきとめる、ということがそれまでにも何度もありました。

夫のスマホが見つからない?洗濯機の中に見つけた光

その日は早めに帰宅して入浴し、晩御飯を食べているときに

「あれ?俺のスマホがない?」

と言い出して、またか~、と思い、鳴らしたのですが、聞こえない…。

 

「最後にどこで使った?」と聞くと、風呂に持ち込んだと言うのです。

彼はよく風呂で動画サイトを見たり、音楽を聴いたりしているのです。

 

まさかと思いバスルームを見ても、夫のスマホはありませんでした。

しかし、鳴らした時に、視界の端で光ったものがあったのです。

 

その時、すでにその日の分の洗濯をしていたのですが、そのドラム式の窓の中が、青く光っていたのです。

血の気が引きました。

 

床が泡だらけになってもしかたない、とすぐにドラム式のドアを開け、スマホを取り出してタオルで拭いたところ、スマホはまだ光っていました。

ということは、まだ「生きてる!」と一安心したのですが、夫は大激怒。

 

いや、それ、どうして洗濯機の中にあるのかな?

風呂場に持ち込んだなら自分でちゃんと部屋まで持って帰ろうよ、と思ったのですが。

恐らく、バスタオルや脱いだものの山の上に置いて、紛れたものをそのまま洗濯機に突っ込んだ私が最後の責任者だ、というのです。

これからの時代、スマホに必要なのは防水機能!?

数日間の冷戦状態のスタートとなりましたが、点検に出したスマホが数日後に無事帰ってきて、やっとその機嫌が直ったのです。

さすが、防水防塵のスペックばっちりのXperia。

特に部品を取り換えるような修理にはならなかったというのです。

 

そんな夫へのあてつけ、というわけではありませんが。

それ以来我が家ではスマホをバスルームに持ち込むときにはかならずジップロックの袋に入れて、きっちり封をしてから持ち込みましょう!というのがお約束になりました。

 

そして、洗濯物をドラムに放り込む時には、一枚一枚チェックしながら入れるようになりました。

ただし、そこまでしていて何かあったとしても、全員いい歳をした大人ばかり(息子たちも学生ですが成人しています)なので、その洗濯物を出した人間の責任だということは予め言い渡しています。

 

これからは高齢になってもスマホを持つのが当たり前になるのだとしたら、きっとこういうことも増えるんだろうな、と思います。洗濯にも耐えうる防塵・防水機能のあるスマートフォンの開発は、結構重要なミッションではないでしょうか?







-体験談

Copyright© タクリア , 2019 All Rights Reserved.