ズボラさんのための洗濯・クリーニングマメ知識ブログ

タクリア

体験談

洗濯表示を確認してますか?一度きりしか着れなかったお気に入りのスカート

投稿日:

衣類を洗濯機に入れる時、洗濯物の洗濯表示を見ることはあるでしょうか?

この洗濯表示には、この服の洗い方や干し方、アイロンの適正温度などなど、その衣類にベストな洗濯の方法が記されています。

 

しかし、日々けっこうな量になる洗濯物の、一つ一つの洗濯表示を確認はしていられないですよね。

私もあまり表示を気にせずに、そのままか、あるいは洗濯ネットに入れて、洗濯機に放り込んでいました。

それでも問題なく洗えてるから大丈夫、と高をくくっていたのです。

洗濯表示を確認しなかったがために起きた悲劇

ところがある日、新しく買ったスカートを初めておろした時のことでした。

秋口の涼しくなり始めた頃で、濃い色目の厚地に花の模様、フレアー調に揺れるデザインや、裏地もついていて動きやすいので気に入った服でした。

その日着終わって、いつものように洗濯機で洗うことに。

さすがにザブザブ洗うのは生地が傷むかもと思い、洗濯ネットに入れました。

 

洗濯が終わり、これから干そうという時にふと気がつきました。

どうも、スカートの丈が短い…?

 

昨日着た時にはもう少し長かった気がするのに…。

どういうことだろう?

 

不思議に思いましたが、布が濡れて、しわになったせいでそう見えるのかもしれない。

そう思い、とりあえずこのまま干すことに。

 

そうして数時間後、そろそろ乾いたかなと洗濯物を取り込みました。

例のスカートを見てみましたが、やはりどうも丈が短い。

しかも干すときには気がつかなかったけど、スカートの裏地は丈がそのままらしく、短くなったスカート丈のすそから明らかにはみ出しています。

 

これはもしや、縮んでる…?

ようやく気がついた私。

そう言えば、ウール製品を含んだ生地の服は、普通の洗濯で洗うと縮むことがあると家庭科の時間に聞いたことがあったような…。

ひょっとして、これがそれ?

 

おそるおそるスカートの洗濯表示を確認。

すると確かにありました。ポリエステル、レーヨンなどの名前と並んで、しっかり、「ウール20%」の文字が。

 

がっかりするやら、後悔するやら、100%じゃなくて20%でもこんなに縮むのか、と衝撃を受けました。

その後、そのスカートをそれでもなんとかもう一度着れるようにならないか、縮んだウールを伸ばす方法を調べましたが、さすがに数センチ程度の縮み方ではないので無理そうでした。

 

裏地を縫いつめることも考えましたが、縮んだことで柄に描かれた花の模様まで縮みあがって、何の模様か分からないほどになってしまいました。

これはさすがにどうにもならないので、泣く泣く一回着ただけのスカートとお別れすることに。

 

試着で何度か服を当てたことはあるとは言え、一度しか着ることができなかったスカート。

洗濯表示の大切さを、その時に嫌という程痛感しました。

 

今では、服の購入時や、初めて洗濯する衣類は、洗濯表示を必ずチェックするようになりました。

ウール製品は必ずオシャレ着専用の洗剤と洗濯コースで

他は適当でも、これだけは必ず守るようにしています。







-体験談

Copyright© タクリア , 2019 All Rights Reserved.