ズボラさんのための洗濯・クリーニングマメ知識ブログ

タクリア

体験談

毎日大量の洗濯!家族それぞれに個別洗濯ネットを用意した結果時短に!

投稿日:

我が家は夫と息子二人なので、男物が三人分と結構な量が毎日洗濯機に放り込まれます。

 

以前からずっと洗濯ネットは活用していて、子供たちも自分の脱いだもので靴下とパンツは洗濯ネットに入れる、その他のものはランドリーバスケットか濡れたり汚れの酷いものはバケツに、と分別することはきちんとしていました。

 

小さいころに比べると衣類のサイズが大きくなって、とにかく嵩がふえたこと、さらに部活などで着替えることが増えて、靴下も一日に三足も洗濯するなど、いろいろと不都合が増えてきました。

何足あるの!?毎日の洗濯はカルタ合わせ

さらに面倒なのは、似たようなスポーツソックスや黒い靴下が一度に沢山入っていると、カルタの札合わせのようにペアをさがさなければなりません。

ことに、夫が職場から持ち帰った洗濯物(下着類・黒靴下・スポーツソックス)がある日などはシャレにならないレベルで面倒くさいことになったのです。

 

ペア探しと片付けは自分たちでやってちょうだい!とつきはなしたものの、受験生には時間も貴重だし、一枚の洗濯ネットに沢山突っ込まれると中まできれいに洗えるのか疑問でした。

 

さらにはそのまま乾燥機にかけても、ちゃんと乾きません。

ということで、100均で洗濯ネットを買い足してきました。

 

それぞれに、その日の自分の洗濯物の量に応じて洗濯ネットを選び、汚れがひどいものについては予洗いの上ネットに入れて洗濯機に投入、またはその状態で洗剤に浸け置きするように、と約束させました。

これでもうカルタ合わせは不要!靴下を買う時はこんな基準で

さらに、スポーツソックスも、それまでは同じ種類のものを複数買っていましたが、それ以降は色違いや柄違いを買うようにして、ペアの見分けがつきやすいようにしました。

そうすると、洗いあがりのペア探しが面倒でなく手間が減ったからです。

 

逆に、夫の黒靴下はファストファッションの同じ黒靴下を大量購入し、ローテーションで履くようにしたのです。

そうすると、面白いように、ほぼ同時に全体的に劣化が始まるので、そうなったら一斉に廃棄して新しいものをたくさん買って入れ替えてしまえばいい、ということになりました。

そうすれば、同時に洗濯したものがほとんど同程度の劣化具合のものなので、どれとペアにしても問題ない、という楽なことになります。

 

そんな感じで、手間は省けるようになりました。

洗い上がり、乾燥上がりの洗濯物は一時置きのところに溜めておいて、帰宅後にそれぞれ自分のものを片付ける、というルールがあるのに、忙しくなると洗濯ネットに詰まったままのものが数日放置、という次の問題が出てきました。

 

しかし、それはもう彼らの自立の問題なので。

母は「もう知ーらない!」と放置しています。

洗濯ネットは使いよう、ということですね。







-体験談

Copyright© タクリア , 2019 All Rights Reserved.