ズボラさんのための洗濯・クリーニングマメ知識ブログ

タクリア

体験談

ポケットの中に入っていた物がどうなっても自己責任!

投稿日:

我が家には夫と息子が二人います。

男性はどうしてもズボンのポケットに物を突っ込んで歩きます。

 

そして、何回注意しても彼らは物を入れたままズボンを洗濯に出し、紙は粉々。

そして大切なものは台無しに・・・という経験を嫌と言うほどしています。

それなのに、どうして繰り返すのでしょうか。

 

日々、山のように出される洗濯物のすべてをチェックするのは止めました。

というか「私はチェックしないので自己責任で洗濯物を出して」と伝えています。

 

そう言っておかないと、もし何か大切なものを洗ってしまった時には私の責任になってしまうからです。

夫がポケットに物を入れたまま洗濯に出さなくなったある出来事

昔、夫が酔っ払って帰ってきた時に、頂いた目上の方の連絡先のメモをポケットに突っこんだまま洗ってしまい、メモが団子になり、めちゃめちゃ不機嫌になったことがあります。

その時は私が丁寧にほぐして解読して再現しました。

 

数回やって懲りたのか、夫はそういうことはなくなりました。

夫がやらなくなったと思ったら・・・なかなか根絶しない洗濯物への異物混入

しかし、夫がやらなくなった頃から、それを頻発させたのは次男です。

花粉症なので、ポケットに突っ込んだマスクやティッシュなど。

 

これはもう粉状に粉砕されて大変なことになり、さすがに懲りたのか、数える程しかありませんが、残念ながら根絶はできていません。

そんな次男がこの一年ほどの間にやってしまった洗濯機への『異物混入』列伝とは。

  1. バイトの制服の名札
  2. ボールペン
  3. スマホ用のイヤホン

といった具合です。

 

名札は、プラスチックのケースごと洗ってしまい、インクがにじみ、紙がボロボロになりました。

これは、頼めばすぐに作ってもらえるから、とあまり深刻にはなっていませんでした。

 

ボールペンは、シャツのポケットからこぼれて、お気に入りのハーフパンツにインクの染みを付けてしまい、少しは反省したようです。

しかし、何度もやってしまったのがイヤホンです。

 

長男はポケットにそのまま入れて、ぽろりと落として紛失したこともあったので、今では小さい巾着に入れて持ち歩き、帰宅後はすぐに財布と鍵と一緒に定位置に戻しています。

 

次男はなぜかポケットに入れたままでズボンをランドリーバスケットに突っ込むことが多く、私が気づいて回収したこともありましたが、覚えているだけで4回は洗濯しています。

 

4回洗濯したということは、4回洗濯機のドラムの中で水没し、なんと復活したのです。

タオルドライして一日陰干し、おそるおそるジャックにさしてみたら、聴こえる!という奇跡。

 

しかし、その長い間使い慣れたイヤホンが、洗濯ではなく、恐らく接触不良でこの度ダメになってしまいました。

新しいのを買うというので、「今度のは洗濯機に突っ込まないように大切に使いなさいよ」と説教したのです。

「注意」はしました。

ここから先は、まさに彼らの自己責任です。







-体験談

Copyright© タクリア , 2019 All Rights Reserved.