ズボラさんのための洗濯・クリーニングマメ知識ブログ

タクリア

体験談

部屋干しの嫌な湿気を新聞紙で対策!

投稿日:

洗濯物を部屋干しする時に困るのは、洗濯物そのもののじっとりと濡れた空気の重たい感じや、部屋干し独特の湿った臭い。

それに、洗濯物まわりのジメジメも嫌なものです。

部屋干しするとなんだか家の中が湿気っぽい!?

部屋干しの場所は家によっていろいろでしょう。

多いのは、リビングなど部屋の一角、あるいは廊下の片隅、窓際、サンルームといったところでしょうか。

 

日常の動線の邪魔にならない所、というのが部屋干しの重要ポイント。

しかし、時としてそのような場所は、空気のとどまる場所であり、ちょっとした空気の溜まり場であったりもします。

 

部屋干ししている近くに行くと、濡れているわけでもないのに床や壁が何となくジメッとしている、なんてことありませんか?

我が家も、なんとなくジメッとするこの感触が気になっていました。

 

これはどうやら、洗濯物の湿気自体がそこにとどまり、床や壁に溜まっているのではないでしょうか。

部屋干しなどしていれば、そこにはよりつかないため余計に人の行き来が減り、結果空気の対流が起きなくなるので、なおさらです。

外が雨だから、とか日が当たっていないからとか言うだけではないのですね。

 

そう言えば、カーテンのそばに洗濯物を干したりしていると、そこに洗濯物の湿気が移ってカーテンが湿ってしまい、カビの発生の原因にもなるという記事を読んだこともあります。

この床や壁のジメジメも、放っておいたらカビやなにかを引き起こすかもしれません。

部屋干しの湿気対策として実践していること

そこで、「洗濯物と床の間に新聞紙」という裏技を試してみることにしました。

方法は、古新聞を一枚ずつクシャクシャに丸めてからもう一度広げ、部屋干しをしている洗濯物の下にポイポイと広げるもの。

 

一度クシャクシャにすることで、床と新聞紙の間に適度な隙間が生まれることと、それにより新聞紙の紙面が空気に触れる面積が大きくなります。

平べったく床に広げるより、より洗濯物の湿気を吸ってくれそうですね。

 

こうして一時間も置いておくと案の定、新聞紙がしっとり湿気を含んで柔らかくなってきました。

逆に床はジメッとした感触もなく、いつもの晴れた日のカラリとした感触です。

やはりそこそこの湿気が床に降り注いでいたのでしょう。

 

梅雨の一時期だけとかなら大したことはないのでしょうが、長い年月にわたってこの湿気が積もり積もっていけば、家にとってダメージになるような気がします。

そういうわけで、我が家では部屋干しの時には洗濯物の下の床にクシャクシャの新聞紙を広げるようになりました。

部屋干しの生乾き臭の予防にも効果があるそうです。

 

また、部屋干しするのであっても、ほんの1時間でも晴れ間があれば、先に外干しをして、ある程度の湿気を飛ばしておくのもジメジメ予防には効果的です。

洗濯物を乾かすほどの威力はないけれど、地味にすごい新聞紙の吸湿力。あなどれませんね。







-体験談

Copyright© タクリア , 2020 All Rights Reserved.