ズボラさんのための洗濯・クリーニングマメ知識ブログ

タクリア

洗濯テクニック

布団についた血液汚れを簡単に落とす方法は?身近にあるアレが大活躍!?

投稿日:

布団についた血液のシミは、落としにくくて本当にやっかい。

 

子どもに明け方「ママー鼻血ー!」と叩き起こされるとか、

あるいは自分の経血にびっくりして飛び起きるとか、

たまにはそんな朝もありますよね。

 

長時間肌に触れる布団はいつも清潔にしておきたいですが、血液汚れが付くたびに布団を買い替えるのも現実的ではありません。

ここはやっぱり、血液汚れをしっかり落としてきれいな布団で休みたいですよね。

 

とはいえ誰にとっても朝は戦場。出発の時間は、刻一刻と迫ってきています。

そこで今回は、我が家でも実践している、

寝具についた血液汚れを身近にあるもので簡単に落とす方法』を集めてみました。

忙しい朝にもできる

シーツや衣類についた血液汚れの落とし方

まずは、シーツやマットなど外せるものをすべて外します。

パジャマなども一緒に洗えるのでまとめておきましょう。

血液の汚れは時間がたつと取れにくくなるので、忙しいでしょうがここは頑張ってやってしまいましょうね。

1. 水洗いする

血液のタンパク成分は、熱を加えると固まってしまい、より取れにくくなります。

朝一番に冷たい水はつらいですが、必ず水かぬるま湯でつまむように洗います。

付着してすぐの血液なら、これである程度落とせますよ。

2. 台所用洗剤で洗う

水だけでは落とせない血液のシミには、台所用洗剤が有効です。

血液のついた部分に台所用洗剤を数滴たらし、汚れを広げないようにつまみ洗いします。

しばらくモミモミしていると、びっくりするくらいきれいに落ちます。

 

とはいえ、だいたいのお宅では台所より洗面台のほうが洗濯機に近いはず。

そこで!

我が家で使っているのは、手洗い用の石けんやハンドソープ。

 

血液汚れはアルカリ性に弱い性質をもつので、弱アルカリ性の石けんは血液汚れ落としにぴったりです。

ハンドソープなら手指にもやさしいので、わざわざ手袋をしなくていい点もポイント高し!ですよ。

しつこいシミや広範囲の汚れは酸素系漂白系!

  • 洗剤でのもみ洗いで落としきれない…
  • 広範囲に渡って汚れてしまった…
  • 朝忙しくて洗うヒマがなかった…

こんな血液汚れは、酸素系漂白剤と洗濯洗剤につけ置きすることで落とせます。

  1. 水洗いする
    とにもかくにも水である程度汚れを落としましょう。
    広範囲にわたるときは、洗面台に水をはり、シーツや衣類を沈めてもみ洗いします。
  2. 酸素系漂白剤を塗布する
    一度水を捨て、特に汚れのひどい部分に酸素系漂白剤を塗布します。
    そのまま少し置いておきます。
  3. 洗濯洗剤につけ込む
    再び水をはり、液体の洗濯洗剤を入れて軽く混ぜ、そのまま1時間前後つけ込む。

布団についてしまった血液汚れの落とし方

シーツや衣類は洗濯できますが、布団は簡単には洗えません。

布団についてしまった血液汚れは、諦めるしかないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません!

ということで、家にあるもので簡単に落とせる方法を集めました。

掛け布団

水+洗剤でつまみ洗い

掛け布団なら、血液がついてしまった表面を水+洗剤でつまみ洗いし、軽く絞って天日干ししましょう。

多少残ってしまったシミも、天日に当てることで薄くなっていきます。

敷布団

石けん水+濡れ雑巾

安易に洗えない敷布団の場合、石けんをとかした石けん水をつけた古いはぶらしでトントンたたき、濡れ雑巾で水拭きします。

なるべく汚れを広げないように、汚れの中心部に向かってブラシを動かすようにしましょう。

根気よく何度か繰り返すと、徐々に汚れが薄れていきます。

その後、天日に当ててよく乾かします。

 

重曹水+濡れ雑巾

アルカリ性の重曹水は、血液汚れを落とすのにも効果的です。

重曹をお湯に溶かした重曹水をつくり、スプレーするか、雑巾につけてトントンします。

その後、水でよく拭き取り、天日で乾かします。

あると便利な血液落としグッズ

どこの家庭にもあるわけではないけど、あると便利な血液落としグッズを集めました。

いざという時のために置いておくといいかもしれません。

マジックリン

お風呂洗いでおなじみのバスマジックリンは、何故か血液汚れにめちゃめちゃ強いです。

泡タイプをしゅっとして、そのまま少し放置しておけば、あらビックリ!きれいに落ちてますよ。

ただし、布用ではないので、色落ちしても大丈夫な場所でのみ試し、しっかり水洗いするのも忘れないようにしてくださいね。

大根おろし

大根に含まれる『ジアスターゼ』という酵素が、血液汚れによく効きます。

大根おろしをふきんにくるみ、血液汚れにトントンと載せるようにしていきます。

その後、水でよく洗います。

セスキ炭酸ソーダ

100円ショップなどでも売っている、セスキ炭酸ソーダも血液汚れに効果あり。

そのヒミツは、重曹よりも高いアルカリ度にあります。

 

使い方は簡単。

スプレーボトルに水250ml、セスキ炭酸ソーダ大さじ1を混ぜたセスキ液をつくり、血液汚れの上からシュッシュッとスプレーするだけです。

その後、浮いてきた汚れを乾いた雑巾で拭き取ります。

セスキ液の洗浄力は高いので、長時間放置した血液汚れにも効果を発揮してくれますよ。

おしりふき

赤ちゃんのいるご家庭には必須のおしりふきも、ついてしまったばかりの血液には威力を発揮します。

ついでに子どもの顔やら腕やらについた鼻血も拭けるので一石二鳥ですね。

適度な水気と洗浄成分がいいのかもしれません。

まとめ

布団や衣類についた血液汚れは、とにかく初動が命。

なるべく早く処置することで、シミを作らずきれいに落とすことができます。

ですが、うっかり放置してしまっても、諦めずケアすることできれいに落とせますので、是非試してみてくださいね。







-洗濯テクニック

Copyright© タクリア , 2019 All Rights Reserved.