ズボラさんのための洗濯・クリーニングマメ知識ブログ

タクリア

未分類

赤ちゃんの衣類に安心して使える洗剤は?おすすめ無添加洗剤はこれだ!

投稿日:

デリケートな赤ちゃんの肌に直接触れる衣類やタオルなどを洗濯する際、

「どんな洗剤を使うと良いのかな?」

と悩みますよね。

 

育児雑誌などには

「肌に優しい洗剤を使いましょう」

「衣類に残った洗剤が肌荒れの原因に…」

なんて書かれていますが、そもそも

  • 肌に優しい洗剤?
  • 衣類に残らない洗剤?

と疑問だらけですよね。

そこで今回は、赤ちゃん用衣類に使える洗剤の選び方や、すっきりきれいに洗い上げるためのコツについてお話してみたいと思います。

赤ちゃん用衣類の洗濯には3つの無添加洗剤がおすすめ!

赤ちゃんの衣類を洗濯するとき気になるのが、「どの洗剤が使えるの?」ということではないでしょうか。

大人の分みたいに「安売りの洗剤でいいや~」とはならないですもんね。

 

洗剤を選ぶとき、最低限気をつけないといけない成分が

  • 蛍光剤
  • 漂白剤
  • 着色剤

の3つです。

蛍光剤は、白物衣類の見た目の白さを増すために配合されています。

漂白剤は、衣類についたシミを落としたり、殺菌したりする効果があります。

着色剤は、透明だと洗剤を入れたとわかりにくいので、見た目にぱっと洗剤を入れたことがわかるように色をつけるものです。

これらは、衣類に残ると肌刺激やアレルギー反応を起こすこともあるため、赤ちゃん用の洗剤には向きません。

赤ちゃんの衣類を洗うときには、

  • 『蛍光剤・漂白剤・着色剤が入っていない無添加洗剤』を使い
  • 適正量をきちんと計って、
  • 真水でしっかりすすぐ

というのが正解です。

せっけんvs合成洗剤、どっちを選ぶ?

赤ちゃんの肌に優しい成分で作られています、と無添加を謳っている洗剤をよく見ると、『せっけん』と書かれているものと、『合成洗剤』と書かれているものがあることが分かります。

『せっけん』とは、パーム脂やヤシ脂、牛脂など、動植物由来の油脂から作られたもの、

『合成洗剤』とは、石油から作られたものを指します。

というと、断然せっけんのほうが肌に優しそうですよね。

確かに、肌への負担は少ないですが、

  • 冷水にとけにくい
  • 粉タイプは泡立ててから投入する必要があり、手間がかかる
  • 溶け残ったせっけん成分が肌に負担をかけたり、変色の原因になることがある
  • 洗濯機によっては泡立ちすぎてエラーになることがある

など、いくつか欠点もあります。

その点合成洗剤は成分にやや不安を残しつつも、溶け残りの心配も少なく、手間がかからず使いやすいのが利点ですね。

どちらを選択するかはママ次第。

毎日のことですから、双方の利点・欠点を比較したうえで、無理なく続けられるほうを選びましょう。

赤ちゃん用洗剤、いつまで使う?

と、ここで問題なのが「赤ちゃんの衣類はいつまで専用の洗剤で洗うべきか」。

赤ちゃん用洗剤は結構高いし、赤ちゃんの衣類ってそんなに量がないので、別で洗うと水道代が…ってあたりも心配ですよね。

実際、生後1か月を過ぎた頃から徐々に大人用と一緒に洗う方が増えてくるようです。

心配なら、家族全員分の洗剤を赤ちゃんにも安心して使える無添加洗剤に変えてしまうのも一手。

面倒くさがりなくせに心配性な私は、6か月くらいまでこのパターンでした。

ただ、1歳くらいまではまだまだお肌のバリア機能が未熟です。

大人と同じ洗剤に切り替える際には、念のため赤ちゃんの肌に異常がでないか、数日程度しっかり観察してあげてくださいね。

赤ちゃん用衣類におすすめな洗剤ベスト3はこれ!

毎日使うものだから、安心かつリーズナブルだと嬉しいですよね。

ということで、おすすめの赤ちゃん用洗剤を集めてみました。

【第3位】P&G 衣料用洗剤 さらさ

着色料・漂白剤・蛍光剤無添加の合成洗剤です。

スーパーやドラッグストアでも安く購入できるので、家族みんなの分も一緒にガンガン洗いたい方にもおすすめです。

溶け残りの少ない自然由来の洗浄成分を使っているので、大人の分はすすぎ1回でも大丈夫なんだとか。

家事の時短にもなり、助かりますね。

【第2位】ピジョン 赤ちゃんのお洗濯用洗剤 ピュア

ベビー用品でおなじみ、ピジョンから発売されている合成洗剤です。

着色料・香料・漂白剤・リン・蛍光剤の6つが無添加で、産まれたての赤ちゃんから安心して使えます。

香料も無添加なので、赤ちゃんの洗剤に強いにおいは要らない…と考えているママにも嬉しいですね。

【第1位】サラヤ arau.アラウベビー 洗濯用せっけん

その名の通り、こちらは合成洗剤ではなくせっけん。

ヤシ脂とパーム脂から作られた純植物性せっけんです。

合成界面活性剤・合成香料・着色料・保存料・蛍光剤・酸化防止剤などが添加されておらず、かわりに頻繁に手洗いするであろうママの手肌をいたわるアロエエキス配合なのも嬉しいポイントですね。

せっけんはいろいろ扱いが難しい、と前述しましたが、こちらのarau.(アラウ)シリーズは普通の洗剤と同じように使える液体タイプ。

泡立てなどの手間がかからず、洗剤投入口に入れるだけという手軽さがありがたいです。

無添加で肌に優しいせっけんを使いたいけど、手間がかかるのは面倒…と考えているママにおすすめです!

ちなみに私は「さらさ」の愛用者です

近所のドラッグストアで通常の洗剤+100円くらいで購入できたのが一番の理由ですが…

(赤ちゃん期って、おむつとかミルクとか何かとお金かかるので、安いのは有難いです)

洗浄力も高く、ほのかな香りも好みでしたよ。

まとめ

  • 赤ちゃん用衣類の洗濯には、蛍光剤・漂白剤・着色剤が入っていない洗剤を選ぶ。
  • せっけんか合繊洗剤、どちらも一長一短あるので、使いやすいほうを選ぼう。
  • 生後1か月を過ぎたら、様子を見ながら大人用と一緒に洗濯しても大丈夫。

赤ちゃんの肌を守るためには、赤ちゃん専用洗剤を使うのが一番。

無添加とはいえ、洗浄力はかなり高いものが多いので、お財布とも相談しながら、上手に取り入れていきたいですね。







-未分類

Copyright© タクリア , 2020 All Rights Reserved.